日本航空 燃料サーチャージ ゼロに

日本航空は2月9日、原油価格の下落に伴って国際線の燃料サーチャージを4月発券分から全線でゼロにすると発表した。ANAグループも同じ対応を取る見通し。ゼロになるのは2009年7~9月以来約6年半ぶり。海外旅行客やビジネス客にとっても素晴らしい朗報!現在の燃料サーチャージは北米や欧州路線が片道7000円、ハワイやインドネシアが4000円、タイヤシンガポールが3000円、グアムやフィリピンが2000円、中国や台湾は1500円、韓国が300円の設定。燃料サーチャージは燃料の価格変動に応じ、航空会社が運賃に上乗せして請求している。日本航空と全日空は現在、2か月ごとに見直しており、最近の原油価格の下落に伴って燃料サーチャージを引き下げていた。海外発券の運賃については、昨年12月分から燃料サーチャージをゼロにしていた。

Share on Facebook
LINEで送る