黒部ダム放水開始

富山県立山町と長野県大町市を結ぶ「立山黒部アルペンルート」の黒部ダムで6月26日(日)より、夏の観光シーズン幕開けを告げる観光放水が始まりました。河床から約116メートルの高さにある2つのパルプが解放され、毎秒15トンもの水が轟音と共に放出されると、水煙が立ち上がり、晴れ間には虹が懸りました♪ 放水位置から最も近い約200メートルの場所に展望テラスが新たにオープン。観光放水は黒部川下流の夏場の渇水を防ぎ、景観保持の狙いで1961年から毎年行われ、立山連峰を背景に豪快な放水が大人気、10月15日まで毎日開催されます。ぜひ、生の大迫力をお楽しみ下さい♪

Share on Facebook
LINEで送る