旅行代金半額 終息後に補助

政府は、4月3日、新型コロナウィルス感染拡大を受け、終息後の半年程度にわたり旅行代金の半額を補助するなどの観光緯線策を実施する方針を固めた。2020年補助予算案に関連経費1兆円を盛り込む。訪日外国人の激減や国内の外出自粛で旅行業界は深刻な打撃を受けており、宿泊や移動の需要を喚起し、地域経済の早期回復につなげる。具体的には、旅行会社やインターネットを通じて購入した宿泊プラン、日帰りの旅行商品の半額を補助。補助額は1人1日当たり2万円を上限とする方向。さらに旅行商品の購入者には観光施設や交通機関、飲食店、土産屋など現地で利用できるクーポン券も発行する。感染拡大が落ち着き次第、訪日客を呼び戻すため、各国への宣伝を強化する。

Share on Facebook
LINEで送る