東映太秦映画村 「エヴァンゲリオン京都基地」10月3日にグランドオープン

東映太秦映画村(京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10)は、世界で初めてエヴァンゲリオンに乗ることができる新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」を10月3日にグランドオープンする。

これに合わせて、「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」も開催予定で、刀匠による「アスカの刀」も映画村限定で公開される。

「エヴァンゲリオン京都基地」の最大の特徴は“世界初、乗れるエヴァ”!エヴァ初号機の上半身を製作しており、その高さは15m。胸より下はLCLのプールとすることで、基地でメンテ中のエヴァを再現した。手のひらを差し出した状態で、この手のひらには実際に乗ってそのサイズ感を味わい、また撮影もできる。

地上約15mの首の後ろ側(頸椎)にはエントリープラグも再現してあり、こちらも実際に乗ることができる。エントリープラグまで進む過程では適性検査(要スマートフォン)があり、最後にエントリープラグ内でコントロールレバーを握ることで、その人のシンクロ率と甲・乙・丙・丁での評価が導き出される。順路を進む過程で最大4枚の写真が撮影されており、体験後にこれらの写真とシンクロ率がプリントされたオリジナルのフォトブックまたはクリアファイルを購入できる。また、今回のコラボ展開に合わせ、コラボフード・コラボドリンクやオリジナルコラボグッズも各種用意されている。

Share on Facebook
LINEで送る