小松発着 上海、ソウル便の運休期間延長

中国東方航空は、新型コロナウィルスによる需要減を受け、3月27日までとしていた小松ー上海便の運休を5月31日までの延長を決定。
大韓航空も小松ーソウル便の運休を3月27日から4月30日までの延長を決定。
小松空港の国際線は昨年3月11日を最後に運行していない。
台北便を持つタイガーエア台湾は4月30日、エバー航空は3月27日まで、それぞれ運休することは決定している。

Share on Facebook
LINEで送る