リニア新幹線名古屋から東京まで40分!!

14年後、世界一速い超特急が誕生します!
最高時速505キロで東京、品川ー名古屋間を駆け抜けます!
ルートや駅の場所も決まり、いよいよ来年から工事が始まります~

決まったルート
名古屋ー中津川(岐阜)-飯田(長野)-甲府(山梨)-相模原(神奈川)-品川(東京)

品川ー名古屋間のリニア中央新幹線とと現在の東海道新幹線「のぞみ」との比較
  最高時速 リニア505キロ  のぞみ270キロ
  距離   リニア286キロ  のぞみ335キロ
  かかる時間リニア40分    のぞみ1時間28分 (最も早い場合)
  大人の指定席料金  リニア11480円  のぞみ10780円 (通常期)
 1編成の乗客数(16両) リニア1000人  のぞみ1323人
 1時間当たりの片道の本数 リニア5本(うち1本が各駅停車) のぞみ最大10本

途中の4つの駅はシンプルな造りで出入口は駅員はおらず、切符売り場や待合室もありません。

速さの理由はルートにあります。品川ー名古屋間はほぼまっすぐ。距離は今の新幹線より約50キロ短く、
スピードを落とさず走れます。ただ、ほとんどがトンネルで景色は楽しめません。名古屋などの都会では
大深度地下を走り、南アルプスの標高3000メートル級の山々を最長25キロのトンネルが貫きます。
だから工事は大変で5兆円余りかかるそうですが、東海道新幹線が地震や修理で使えなくなった時のためにも
必要、と言われております♪
 

Share on Facebook
LINEで送る