JR西日本、北陸新幹線開業で新設する2つの特急の名称を決定

JR西日本は、10月7日、2015年3月14日の北陸新幹線開業に合わせて、北陸新幹線で金沢ー福井間を運転する特急は「ダイナスター」となる。名称の由来は、福井県は県立恐竜博物館に代表される観光資源として「恐竜」の人気にあやかり英訳の「ダイナソー」と地元の期待を込めた「スター」を組み合わせたことになる。ダイナソーは1日3往復、サンダーバードと同一車両(681-683系)で運行する予定。
七尾線、金沢ー和倉温泉間を運転する特急は「能登かがり火」となる。名称の由来は、能登各地にはキリコ祭りに代表される「火」や「灯り」を連想させる夏祭りが沢山あり、このような「火」と結びついた幻想的な能登の風景、かがり火の燃え盛る勢いをイメージした。「能登かがり火」は1日5往復、「サンダーバード」と同一車両(681・683系)で運行予定。

Share on Facebook
LINEで送る