世界遺産二条城プロジェクションマッピング

世界遺産二条城(京都市中京区)で20日夜、国の重要文化財「唐門」に映像を投影する初めてのプロジェクションマッピングの公開が始まった。唐門は高さ10メートル、幅6,4メートル、奥行き5,5メートル。後水尾天皇の訪問に合わせて1625年に建てられたとされる。音楽や効果音とともに桜や家紋、二条城のふすま絵などが鮮やかな色彩で映し出されると、辺りは幻想的な雰囲気に包まれます♪ 「二条城ライトアップ2015~百花繚乱!」は4月12日までの午後6時~9時。料金は一般400円、小中高生200円。和装の人は無料。

Share on Facebook
LINEで送る