小松発着 上海、ソウル便の運休期間延長

中国東方航空は、新型コロナウィルスによる需要減を受け、3月27日までとしていた小松ー上海便の運休を5月31日までの延長を決定。
大韓航空も小松ーソウル便の運休を3月27日から4月30日までの延長を決定。
小松空港の国際線は昨年3月11日を最後に運行していない。
台北便を持つタイガーエア台湾は4月30日、エバー航空は3月27日まで、それぞれ運休することは決定している。

金沢市、宿泊割引を4月以降も継続決定

金沢市は3月末で終了予定の旅行割引事業「五感にごちそう金沢宿泊キャンペーン」について4月~6月までの継続を決めた。
キャンペーンでは、飲食や文化体験を組み合わせた各宿泊施設のプランに対し、3000円から1万円を助成する。6月までの延長が検討されている国の観光支援事業「GoToトラベル」終了までの期間、併用可能で延べ5万人の利用を見込む。
「GoToトラベル」事業終了後の宿泊需要の落ち込みを緩和するため、「GoToトラベル」終了に合わせて平日限定で3万人分の宿泊助成キャンペーンも始める。